富山縣護國神社
遺芳録 新着情報 護國神社とは ご祈願 境内のご案内 アクセス リンク トップへ戻る
令和2年
第二十三回廣徳塾のご報告(令和2年4月2日)

0204021.jpg
 3月25日、第23回廣德塾を開催、15名の受講生が参加しました。
 始めに手水の儀を行ひ、学業成就祈願祭を齋行、そして参集殿に移動して、講座①の「宮司講話」にて開講致しました。
0204022.jpg0204023.jpg
0204024.jpg0204026.jpg
0204027.jpg
0204028.jpg
 宮司は、平成十二年から実施してゐる、当神社の行事である「元服立山登拜」が令和元年の開催で、記念すべき第二十回を迎へられたことにふれ、越中男子は十歳余りになると立山に登拜して晴れて少年から青年へと認められるといふ、富山の伝統文化があることを話し、子どもから大人へと成長していく大切な時期に立山に登り、自然への畏れや感謝の心を体得する大切さを教へました。そして、今年は大東亜戰争終戦から75年を迎へる年になることも話し、今のやうな平和なくらしがあるのは、國を護つて下さつたご先祖さまのおかげであり、日々、感謝の心をもつて過ごしてほしいと子どもたちに語りました。
0204029.jpg
02040210.jpg02040211.jpg
02040212.jpg
02040213.jpg02040214.jpg
 次に講座②の「論語を学ばう」では、とやま論語を楽しむ会の青木順子先生が、「衛靈公第十五」、また、「見ざる、言はざる、聞かざる」の出典である「顔淵第十二」、「為政第二」を中心に論語を解説し、一番大切なことや本当の目的は何かを考へて行動すること、仁の行ひ、すなはち正しい行ひを今のうちにしつかりと身体に染み付けてをくこと、そして、自分のことを母国語でしつかりと相手に伝へる心を確立することの大切さを教へました。また、新型コロナウィルス感染予防のために、青木先生が一つ一つ手作りで作成したマスクを子どもたちみんなにプレゼントされました。
02040215.jpg
02040216.jpg02040217.jpg
02040218.jpg02040219.jpg
02040220.jpg02040221.jpg
 講座③「そろばんを学ばう」では、日本珠算連盟富山支部長の森本睦子先生、星野靖子先生から、そろばんの基礎を、チューリップやたまごの模型を用ゐてわかり易く教へていただき、実際にそろばんをはじいて計算しました。
02040222.jpg
02040223.jpg02040224.jpg
02040225.jpg02040226.jpg
02040227.jpg02040228.jpg
02040229.jpg02040230.jpg
02040231.jpg
02040232.jpg02040233.jpg
02040234.jpg02040235.jpg
 廣徳塾体験講座の「狂言」では、狂言師 能村祐丞師事 清水宗治氏より、狂言の基本である姿勢や座り方、聲の出し方、歩き方などを学びました。
 そして、教へていただいた基本をもとに、子どもたちは「身どもは〇〇でござる」「わらはは〇〇でおりゃる」と一人づつ狂言流で自己紹介を行ひました。また、扇を使つて、狂言「附子」の一齣を二人一組になり実際に演じ、「仰げ仰げ!」「仰ぐぞ仰ぐぞ!」と、子どもたちの大きな聲と笑ひ聲が響き渡つてゐました。
 最後は、宮司が一人一人に修了証を渡し、無事に閉講となりました。ご協力いただきました先生方、またご父兄の皆様には篤くお礼申上げます。
02040236.jpg02040237.jpg
02040238.jpg

四月祭典行事案内(令和2年3月30日)

19sakura%20%285%29.jpg
4月3日から10日間夜櫻のライトアップ(照明は午後9時まで)を行ひますが、ウイルス感染拡大予防に十分対策いただきお楽しみくださいますやう、宜しくお願ひ申上げます

四月行事案内

 1日(水) 午前9時  伊佐雄志神社月次祭
       午前10時 永代祭
       午前11時 入学祭
 5日(日) 午前5時  富山のみの市
※予定してをりました、富山のみの市は、新型コロナウィルス感染拡大予防のため開催中止とさせていただきます。
       午前10時 永代祭
       午前11時 みおや祭
15日(水) 午前7時  月次祭(朝粥神事)
       午前10時 永代祭
16日(木) 午前9時30分  富山県遺族会女性部清掃奉仕
19日(日) 午後3時  立皇嗣の礼 当日祭
24日(金) 午後4時  宵宮祭
25日(土) 午前9時  伊佐雄志神社春季祭
       午前10時 春季例大祭
※新型コロナウィルス感染拡大予防のため、當神社神職のみでの齋行と致したく、何卒ご了承のほど宜しくお願ひ申上げます。
29日(水) 午前9時  昭和祭

エドヒガン(江戸彼岸櫻)記念植樹のご報告(令和2年3月30日)

02033001.jpg
令和二年三月二十六日、砺波嵐山桜保存会(野村忠平会長)の皆様より、エドヒガン(江戸彼岸櫻)を御奉納いただき、境内東側の磯部富士の前に記念の植樹を行ひました。
 当日はあたたかい春の陽射しのもと、五名の皆様に植樹を行つていただきました。
 砺波嵐山桜保存会は、砺波嵐山を始め庄川の両岸に自生する「江戸彼岸櫻」の保存活動と苗木の育成・植栽活動を進め、風光明媚な庄川峡を県下に誇る桜の名所とし、美しい桜のふるさとづくりを進めるために、平成元年に設立されました。舟戸ダム付近の庄川右岸の山並は、春は桜、夏は青葉、秋は紅葉と変はり、恰も京都の嵐山の景観とよく似ていることから古くより砺波嵐山と賞賛されてをります。
 砺波嵐山桜保存会の皆様、ありがたうございました。
02033002.jpg02033003.jpg
02033004.jpg02033005.jpg
02033006.jpg02033007.jpg
02033008.jpg02033009.jpg


記念誌『富山縣護國神社「元服立山登拜」二十年の足跡』発刊のご案内(令和2年3月26日)

02032601.jpg
富山縣護國神社では、毎年夏に二泊三日に亘る行程で、小・中学校の子どもたちを対象とした「元服立山登拜」を実施してをり、この度、令和元年八月十八日に、記念すべき第二十回を迎へたことから、記念誌『富山縣護國神社「元服立山登拜」二十年の足跡』を上梓・発刊致しました。
 越中では、立山開山の祖、佐伯有頼公が、十六歳の時に立山に登り、立山を開いたといふ由緒にあやかり、越中男子は十歳余りになると立山に登拜して晴れて少年から青年へと認められる習はしがあります。当神社宮司は、その伝統を踏襲し、子供たちの大切な少年期に、偉大な自然の恵みや畏れなどを体感できるやうに、また、浄土山に祀られる「軍人靈碑」を参拜し、國の為に散華された多くのご先祖に感謝する心を育み、命の大切さを伝へるとともに、越中の伝統精神を守り伝へてゆかなければならないといふ強い思ひで、平成十二年より「元服立山登拜」を実施してきました。
 この二十年間、実に多くの方々のご支援、ご協力のもと、元服立山登拝を続けてくることができましたが、記念誌の中では、多くのサポーターの方々、専門家の方々からいただいた寄稿文や、歴代の隊員である子どもたちが、当時山荘で書いた感想文が掲載されてゐます。また、第一回から第二十回までの、二泊三日に亘る全ての行程が数多くの写真とともに振り返ることができます。さらに、第三回の登拜の際に朽ち果てた「軍人靈碑」跡を確認し、第六回では「軍人靈碑除幕式竝びに大東亜戰爭終戰六十周年・日露戰捷百周年記念全戰歿英靈慰靈顕彰祭」を齋行したことや、宮司が富山縣お歌碑建立委員會長となり、立山室堂ターミナルビル前広場に「秋篠宮殿下お歌碑」を建立、第十六回にはお歌碑竣功除幕式を開式したことも記録されてゐます。
02032602.jpg
 そして、令和二年三月二十一日には、『富山縣護國神社「元服立山登拜」二十年の足跡』記念誌発刊式を行ひ、歴代の隊員やサポーター、崇敬会員が集ひました。式に先立つて、拝殿では御神前に記念誌を奉献し、前芦峅寺総代佐伯信春様が玉串拜礼を致しました。
 発刊式では、スライドショーで二十年の歩みを鑑賞、また、立山ガイド協会長 佐伯高男氏をはじめ、歴代サポーターの方々からお祝ひのことばを賜り、参加者は当時の思ひ出を振り返りました。そして元服立山登拜が二十回を迎へ、さらに次の十年、二十年と続いてゆくやう万歳三唱をしました。
 この記念誌は、歴代隊員、サポーター、富山県内のすべての小中学校、また図書館、各関係団体、崇敬会員の方々などに贈呈いたしました。
 「元服立山登拜」、すなわち富山の伝統精神を廣く伝へ、未来を担ふ子どもたちの健やかな心の成長を願ふものであります。
 記念誌をご希望の方は、社務所にお越し下さいませ。お参りいただきましたら、贈呈致してをります。(8時30分から17時まで)
02032603.jpg02032604.jpg
02032605.jpg02032606.jpg
02032607.jpg
02032608.jpg02032609.jpg
02032610.jpg02032611.jpg
02032612.jpg02032613.jpg
02032614.jpg02032615.jpg
02032616.jpg

富山南ライオンズクラブ 認証45周年記念植樹祭のご報告(令和12年3月12日)

0203122.jpg
3月12日(木)、富山南ライオンズクラブ 認証45周年記念事業として、ソメイヨシノを寄贈いただき、富山南ライオンズクラブ会長村田満様をはじめ会員の方々、また地域の子どもたちとともに「かがやきの森」にて記念植樹を行ひました。宮司と村田会長様に続き、会員の方々、子どもたちが順番に斎鋤を手に取り、苗木に土をかけ、寄贈いただいたソメイヨシノが大きく立派に育つやう祈念致しました。
 あたたかい春の陽射しのもと、かがやきの森には子供たちの元気な聲が響いてゐました。
 子どもたちの成長とともに、このソメイヨシノも大きくなり、かがやきの森がさらなる緑豊かな神苑となることを願ふ次第です。
 富山南ライオンズクラブの皆様には、茲に篤くお礼申上げます。
0203124.jpg
020315.jpg
020316.jpg
0203127.jpg

三月祭典行事案内(令和2年26日)

02022601.jpg
写真は平成31年3月に開催された廣徳塾の「そろばんを学ばう」にて撮影

  1日(日) 午前6時  富山のみの市
        午前9時  伊佐雄志神社月次祭
        午前10時 永代祭
        午前11時 みおや祭
 10日(火) 陸軍記念日
 11日(水) 東日本大震災の日
 15日(日) 午前7時  月次祭(朝粥神事)
        午前10時 永代祭
        午後3時  學ぶ會
 20日(金) 午前8時  春季皇靈殿遙拜式
 21日(土) 午後3時  「元服立山登拜 二十年の足跡」記念誌発刊式
元服立山登拜が二十回を迎へた記念として、このたび記念誌を上梓致しました。当日、その記念誌を発刊する式典を当神社にて開催いたします。どうぞ皆様お誘ひいただき、ご出席くださいませ。ご出席いただきました皆様には記念誌をお渡しいたします。
 
 25日(水) 午前9時   第二十三回「廣德塾」
   日本の伝統文化を大切にし、自然の恵みや祖先の恩に感謝する心を養ひます
  講座内容 「論語」を学ばう
       「そろばん」を学ばう
  体験講座 「狂言」
       狂言師人間国宝 野村萬師事 清水宗治氏により「狂言」を学びます
  募集対象 未就学児・小学生・中学生(どうぞ親子で参加ください)
  応募用紙のダウンロードはこちらから

  ご不明な点がございましたら、076-421-6957まで問合せください。 
 

天長祭のご報告(令和2年2月25日)

02022509.jpg
2月23日(日)午前10時より、令和となり初めての天長祭を齋行致しました。祭典では、田林修一崇敬総代副会長様を始め、神社役員、崇敬会員、日本会議富山運営委員、自衛隊各協力団体長の方々が参列のもと、天皇陛下の御製に謹作曲された『御製 五箇山を』の譜面を宮司が大前に奉献し、富山交聲合唱団会長 黒坂康之ご夫妻により、アカペラで初めて御神前に奉唱されました。また、田宮流居合剣法 五段の高柳陽一様に居合演武を奉納いただき、宮司の主唱により、聲高々に聖寿万歳し、天皇陛下御寶算六十歳のお誕生日をお祝ひ申上げました。
 奉唱された『御製 五箇山を』は、天皇陛下が皇太孫殿下にましました昭和五十一年、学習院高等科地理研究会の研修のために五箇山をご訪問された御砌の御作で、平成三年の歌会始にご発表なされた
「五箇山をおとづれし日の夕餉時森に響かふこきりこの唄」
に、富山交聲合唱団の指揮者であり作曲家の佐藤進氏が天皇陛下の御即位を奉祝申上げ、謹作曲されました。曲調は御製のお言葉をそのまま詠むやうな調べで、間奏は「こきりこ」のメロディーをハミングで構成、伴奏の始まりは、森や清流できらりと輝く五箇山の光を表現した優雅な曲調となつてをり、黒坂ご夫妻は、情感を込め、澄んだ歌声を響かせ御神前に奉唱しました。これからも『御製 五箇山を』が廣く縣民に親しまれ、そして縣民の宝として大切に歌ひ継がれてゆくことを願ふものであります。
 皇室の彌榮、國家の隆昌を祈念申上げますとともに、令和となり初めての天長祭を恙なく斎行できましたことを茲にご報告申上げます。
02022501.jpg02022502.jpg
02022503.jpg02022504.jpg
02022505.jpg02022506.jpg
02022507.jpg
02022508.jpg
02022510.jpg
02022511.jpg02022512.jpg
02022513.jpg02022514.jpg

坂本注連縄奉賛会 大拜殿大注連縄御奉納のご報告(令和2年2月18日)

02021801.jpg
2月17日(月)、大沢野の坂本注連縄奉賛会(森正弘会長)12名の皆様より、新しい大拜殿の大注連縄を御奉納いただきました。今回の御奉納は、昭和62年3月12日の第一回目より34回目を迎へました。
 祈年祭を斎行した後、作業は約40分かけて行はれ、とても大きな大注連縄を皆様のご協力のもと、向拜に新たに取付けられました。作業後は祈祷殿へ移動して正式参拜を齋行、宮司が感謝の言葉をのべ、無事に御奉納が終了いたしました。
 坂本注連縄奉賛会の30名の皆様が力を合わせ、心を込めて作られました大注連縄の藁の香りは、社殿をより一層神々しく包んでをり、来る2月23日、令和の御代となり初めて迎へる天長祭を、新しい大注連縄とともに、より清々しく新たな気持ちでお祝ひ申上げることができます。ご関係の皆様方に厚く御禮申上げます。ありがたうございました。
02021802.jpg02021803.jpg
02021804.jpg02021805.jpg
02021806.jpg02021807.jpg
02021808.jpg02021809.jpg


紀元祭のご報告(令和2年2月16日)

02021601.jpg
梅の花が仄かに香る、紀元2680年 令和2年2月11日 あたたかい春の日差しのもと、日本の建國をお祝ひ申上げます紀元祭を齋行いたしました。
 祭典では、宮司祝詞奏上の後、神武天皇を齋祀る橿原神宮・宮崎神宮を遙拜、國歌斉唱、次に富山県詩吟剣舞連盟 吟士 山下岳邦(やましたがくほう)様・剣士 水島尚道(みずしましょうどう)様には、本居宣長作 吟題「敷島の」の詩吟剣舞を奉納いただき、そして田林修一崇敬総代会副会長、田畑裕明衆議院議員、日本会議富山 地方議員連盟 幹事長 村上和久富山市議会議員、成田光雄富山市議会議員をはじめ神社役員、林一枝梨雲福祉会理事長、日本会議富山各団体代表、自衛隊各協力団体代表、崇敬会員の皆様が玉串を奉りて拜禮し、一同「紀元節」の奉祝歌を声高らかに奉唱、最後に宮司の首唱にて聖寿の萬歳をいたしました。
参列者一同、神武天皇が御即位された國の肇めをお祝ひ申上げ、先人の努力に感謝し、皇室の彌榮(いやさか)と我國の安寧を祈念申上げました。
02021602.jpg02021603.jpg
02021604.jpg02021605.jpg
020216000.jpg02021607.jpg
02021608.jpg02021609.jpg
DSC02248.jpg

節分祭のご報告(令和2年2月16日)

02021501.jpg
のみの市が開催された2月2日(日)午前11時30分より、節分祭を齋行いたしました。
 祭典は、田林修一崇敬総代副会長、参議院議員柴田巧様、富山市議会議員成田光雄様、高田真里様、竹田勝様、神社役員・総代、年男・年女の皆様方ご参列のもと、恙なく斎行。献饌の儀では、魔除けとして使はれる「やいかがし(柊に焼いた鰯の頭を刺したもの)」をお供へし、次に宮司が祝詞を奏上、その後宮司が清々しく立春を迎へるために諸々の邪氣を祓ふ「鳴弦(めいげん)の儀」を執り行ひました。祭典終了後の豆打ち式では、宮司をはじめ、年男・年女の方々、また地域の子どもたちが「鬼は外、福は内」と元気いつぱいに、太鼓の合図とともに福豆を撒き、参列された約300名の皆様方の様々な邪氣(鬼)を祓ひつつ、福をお頒かちいたしました。撒かれた福豆の中には景品の引換券もあり、のみの市実行委員会のご好意によりたくさんの景品が配られ、境内は、たくさんの笑顔で溢れ、賑はつてをりました。
ご参列いただきました皆様、ありがたうございました。
02021502.jpg02021503.jpg
02021504.jpg
02021505.jpg02021506.jpg
02021507.jpg
02021508.jpg
02021509.jpg02021510.jpg
02021512.jpg
02021511.jpg


謹作曲「御製 五箇山を」新聞掲載のご報告(令和二年2月12日)

20200212090122_00001.jpg
今上陛下が皇太孫殿下にましました昭和五十一年、学習院高等科地理研究会の研修のために五箇山をご訪問された御砌の御作で、平成三年の歌会始にご発表なされました御製 
「五箇山を おとづれし日の夕餉時 森に響かふ こきりこの唄」 
に富山交聲合唱団の指揮者であり作曲家の佐藤進氏が全国ではじめて謹作曲致しました『五箇山を』が完成いたしました。この内容の記事が、本日(2月12日)の北日本新聞に掲載されました。
 出来上がりました『五箇山を』の譜面を宮司が宮内庁に献上申し上げましたところ、宮内庁長官官房総務課長の石川様より後日連絡があり、
「楽譜を天皇陛下にお渡ししたところ、大変お慶びになつてをられ『ありがたうとお伝へ下さい』との事でした」と、おことばを賜りました。
 御製『五箇山を』は、来る2月23日の天長祭に初めて富山交聲合唱団の黒坂会長ご夫妻により、アカペラで奉唱されます。
 2月23日の天長祭は午前10時より斎行申し上げます。どうぞ皆様お揃ひでご参列くださいませ。
 

本日は氷点下となりました(令和二年2月7日・北方領土の日)

322701.jpg
北方領土の日である本日の朝は、大寒波の影響で氷点下5℃でありました。
 境内の花は、紅梅が満開となり、薩摩紅梅や白梅、枝垂れ紅梅もちらほら咲始めました。
322702.jpg322703.jpg
322704.jpg322705.jpg
322706.jpg322707.jpg
322708.jpg
十月櫻
322709.jpg
白梅
322710.jpg
薩摩紅梅
322711.jpg
枝垂れ紅梅
322712.jpg
紅梅

雲雀ヶ丘保育所「鬼行列」のご報告(令和二年2月5日)

0202051.jpg
2月3日節分の日の午前10時半、雲雀ケ丘保育所の鬼行列が、先生や父兄、ボランティアの方々と共に富山縣護國神社に訪れ、節分祭を齋行いたしました。はじめにお祓ひをし、宮司が祝詞を奏上、そして立春を迎へるにあたり諸々の邪氣を祓ふ「鳴弦の儀」を受けた後、先生と園児代表らが玉串を奉りて拜禮致しました。参拝後の「豆打ちの儀」では、宮司と先生が福豆を撒き、可愛らしい鬼に扮した園児たちは、元気いつぱいに、楽しさうに拝殿を動き回り福豆を拾ひ集めました。その後、一部の鬼は福の神に変身して、一同は「おにぎやうれつ!」と元気に聲をだし、富山まちなか病院へと進んで行きました。
参列頂きました皆様方の無病息災・交通安全を謹んでご祈念申上げます。
0202052.jpg0202053.jpg
0202054.jpg0202055.jpg
0202056.jpg0202057.jpg
0202058.jpg0202059.jpg


令和二年 初詣のご報告(令和二年1月20日)

0201201.jpg
新年おめでたうございます。
 皇紀二千六百八十年、令和二年(庚子)が良い年でありますやう、そして皇室の彌榮と國家の安寧、皆様方の益々の御健勝御繁榮をご祈念申上げます。
 さて、今年のお正月は、大晦日に雪がちらつくことがございましたが、例年になく非常にあたたかい日が続きました。年末30日に行はれた合同清掃奉仕のお蔭もあり、境内は非常に足元のよい状態で、参拝者の皆様には清々しい気持ちでお参りいただくことができました。
 年明けは、責任役員様、また総代様、ご遺族、崇敬会員の皆様ご参列のもと、歳旦祭を斎行、そして引き続き、各々の厄払いや家内安全などの御祈祷を恙なく齋行致しました。また5日には令和二年初富山のみの市が開催され、出店者、また多くの参拝者にお参りいただき、賑やかなお正月となりました。
 これも偏に、近隣の地域、また県内の様々な皆様方のご協力、ご理解によるものでございます。ここに篤く御禮申上げます。
0201202.jpg0201203.jpg
0201204.jpg0201205.jpg
0201206.jpg0201207.jpg
0201208.jpg0201209.jpg
02012010.jpg02012011.jpg
02012012.jpg
02012013.jpg02012014.jpg
02012015.jpg02012016.jpg
02012023.jpg
02012017.jpg02012018.jpg
02012019.jpg02012020.jpg
02012021.jpg02012022.jpg


富山縣護國神社
富山県富山市磯部町1-1 TEL:076-421-6957 FAX:076-421-6965

copylight © 2007 toyama-gokokujinjya all light reserved.